先日、地元の古着屋をディグっていたところ掘り出し物に出会い、久々に衝動買いをしてしまいました。

それがこちらのBritish Army(英軍)PCS サーマルスモック。

 

プルオーバータイプのスモックパーカー

ミッドレイヤー(肌着とアウターの中間)としての着用を想定して作られているようです

 

カラーはオリーブ。

コヨーテとライトカーキの中間の様な絶妙な色です。

デッドストックで購入価格は16,800円+TAX。

相場を調べたところ、購入先によって多少前後しますが古着で10,000円前後、デッドストックで15,000〜19,000円程度の様です。

個人的にはこのスペックとディテールでこの価格はかなりリーズナブルだと思います。

昨今のトレンドは機能性や快適性が重視される様になり、ゴアテックスなどの高機能素材を用いたアウトドアブランドやミリタリーアイテムが再評価されつつあります。

近年のアウトドアブランドはデザイン性もあってイケてるのですが、物が良くなるほどに価格も向上してしまうため、あまり気軽に購入はできません。

対して軍払い下げのミリタリーアイテムはハイスペックで状態の良いものも多く、価格もリーズナブル。

過酷な環境での着用を想定しているため、耐久性や機能性も折り紙つきです。

今回は購入品と併せて、アメリカやフランスに比べて比較的マイナーとも言えるイギリス軍の払い下げ品をご紹介します。

 

PCSスモックパーカーのディテール紹介

PCSとは(Personal Clothing System)の略で、イギリス軍が開発した寒冷地用のレイヤリングシステムのこと。

アメリカ軍が開発したECWCS(Extended Cold Weather Clothing System)のイギリス軍版がPCSと考えると分かりやすいです。

ECWCSは古着好きなら多くの方が知っているかと思いますが、PCSに関してはあまり知られていないのではないでしょうか。

ではディテールを見ていきます。

 

ミルスペックのタグ

無機質なフォントが男心をくすぐる

 

素材はナイロン100%。

表地は引き裂き強度と軽量性に優れたマイクロリップストップナイロン、裏地には保温性に優れたマイクロフリースを搭載。

 

ジップは全て止水ジップで、両腕脇と両裾脇にベンチレーション用のジップがあります。

 

裾のジップは開閉するとスリットの様になり、シルエットも変わるので面白いです。

更に背面にはベルクロが搭載。

ベルクロの幅には遊びがあるので、緩め〜きつめまで裾幅を調整しフィット感を変えることができます。

シルエットの調整だけではなく、寒くて風が強い日などはベルクロをタイトめに留めて下側から外気が入らない様に調整可能。

 

中央のポケットもしっかりと容量があるので、携帯・財布・キーケースくらいなら余裕で入ります

 

襟にフードも内蔵されています

 

BRITISH ARMY イギリス軍 PCS スモックパーカー ライトウェイトサーマル バッファロージャケット フリースライナー BUFFALO JACKET SMOCK LIGHT WEIGHT THERMAL PCS (SMOCK-LIGHTWT-THERMAL-PCS)

https://item.rakuten.co.jp/smaclo/10017229/

パッカブル仕様なので中央のポケットを裏返して折り畳むことで袋状にまとめることが可能

 

近代ミリタリーウェアだけあってディテールは満載ですね〜。



着用レビュー

着用感はかなり軽く、インナーにヒートテックやニットを着込めば充分に冬でも着用できる程度に暖かいです。

インナーやベンチレーションを調整すれば秋〜春にかけて重宝するかと思います。

私の体型だと(174cm57kg)、アウターとしての着用でL~XLサイズ、インナーとしての着用ならMサイズが適当だと思います。

下半身は黒で揃えてミニマルに着こなしたい

 

プルオーバーということもあり、着脱し易さも考えて私はLサイズを選択しました(Lサイズでも脱ぐときにインナーのTシャツは捲れるので、頻回に着脱する場面には向かないです)。

サイズ感は軍物にしては結構タイトで、アウターとしてはLサイズでも決して大きくないです。

残念ながらXLサイズは在庫が無く試着できなかったのですが、ガバッと緩めに着用するならXLでも良いくらいです。

アマゾンでもデッドストックの物が購入可能。

ジャケットタイプもあります。フルジップで着脱も容易なのでアウターとしてはこちらの方が適しています(何故かジャケットは止水ジップ搭載ではないのが残念ですが)。こちらはプリマロフト搭載なので保温性も間違いないですね。

 

今後希少価値が高まる可能性を秘めた近代UKミリタリー。

今だとネットや古着屋などで比較的安価で手に入るので、ネクストヴィンテージになる前に抑えておくのもアリだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください