購入して約2年が経過したウエストオーバーオールズの817F。

独特の緩めジャストなシルエットと、鮮やかなブルーの色合いが気に入っている1着なのですが、意外とコーディネートし辛く着用頻度は少なめです。

それでも徐々に色が落ちて経年変化してきたので、記事にしてみます。

 

着用回数は30回弱ほどで、洗濯は4回しています。

このデニムに関してはヒゲやハチノスを極力つけたくないので、着用頻度に比べて洗濯回数は多め。

 

うっすらとセンタークリースのアタリがついてきました。

http://freestylenet.jugem.jp/?eid=48

これは狙い通りで、古着の517で散見するセンタークリースのアタリを付けたいと思っています。

 

裾のアタリはまずまず。

 

ヒゲはほとんど入っていません。

センタークリースのアタリはもっとコントラストを付けたいですね。

 

独特のブルーカラーが特徴的。

 

穿き終わったらスラックスと同じ様に畳んで収納しています。

洗濯時も同様に折りたたんだ状態でネットに入れて洗い、乾燥時も折り目が消えない様にパンツ専用のハンガーで干しています。

この方法により、煩わしいアイロンをかけることなく半永久的にセンタークリースを保つことができるのでおすすめ。

 

以上です。

かなりのスローペースですが手放すことはない一本なので、今後も経年変化を記事にしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください