以前から気になっていたウエストオーバーオールズの817Fを購入しました。

実は2018AWから818Sというセンタープリーツ入りのストレートデニムが発売されたので、そちらも気になっていたのですが、取扱店舗を回っても見つからず…

http://www.seagulldirection-shop.com/item/west-18awpt58a

818S着用画像。

店舗の採寸を見ると817Fより若干股下が長く、腿から膝にかけての絞りを抑えた形みたいです。こちらの方がトップスを選ばなそうではあります。

ウエストオーバーオールズは取扱店舗がまだまだ少なく、817Fもなかなか実物を見ることができなかったのですが、ジャーナルスタンダード新宿店にて発見し早速試着。

思っていた通りの良い形だったので即購入しました。

ディテールと着用画像を載せていきます。

価格19000円+TAX。

ワンウォッシュにしては淡い、独特のインディゴブルーが雰囲気を醸し出しています。

シルエットはフレアなのですが、平置きの形からもわかるようにストレートに近いさりげないフレア。

化粧箱付き。小物入れに使おう。

安定の綿100%。

生地は広島産のものを使っているようです。

ベルト裏には移染を防ぐマーベルトとサスペンダーループが搭載されています。

ちなみにこのマーベルトはゴム入りで伸縮性があります。

従って、マーベルトに関してはウレタンの経年劣化でダルダルになる可能性があります(笑)

W30インチを174cm58kgO脚の成人男性が穿くとこんな感じです。

ラングラーのランチャーパンツを彷彿とさせるシルエットがイケてます。

新しさと懐かしさを感じさせる絶妙な形だと思います。

ウエストをジャストで穿くと28インチなのですが、レングスがかなり短くなるので、完全にアンクル丈になりフレアも強く出てしまって着こなすのは難しいと感じました。

ポストマンシューズとの相性も最高ですね〜。

ジャーマントレーナーと合わせても調子良い。

タックインする場合はベルトなしの方が腰回りのシルエットが綺麗に出る気がします。

ジャランスリワヤのローファーと合わせても悪くないですね。

フレアパンツにローファーを合わせると相対的に足が小さく見えてしまいバランスが悪くなるので、基本的に相性は良くないのですが、ウエストオーバーオールズ の817Fはストレートに近いフレア且つ、アンクル丈に近い絶妙な股下の長さなので、小ぶりなローファーと合わせても違和感がありません。

久々に新しい形のボトムスを手に入れたので、ついテンションが上がって色々試し撮りしてしまいました(笑)

ヒゲや蜂の巣を作って穿き込むタイプのデニムではないと思うので、クリースを維持しつつクリーンに穿いてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください