今年から東京都内からJターンという形で地元近くの地方都市(人口50万人以上)へ移住をしました。

そこで実際に地方へ移住してみて感じたメリット・デメリットをまとめました。

 

地方移住のメリットについてまとめ

電車通勤のストレスから解放される

車社会の地方都市だと移動の手段が車メインになるため、電車通勤にストレスを感じる人にとってはメリットが大きいです。

都心だと通勤ラッシュの渋滞が発生することはありますが、車内とではパーソナルな空間を保てる分、満員電車のストレスに比べたら余裕です。

因みに電車通勤の妻の話によると、車両数が少ないこともあってラッシュ時は意外と混雑しているようです。

 

家賃が安い

住む場所にもよりますが当然、家賃は安くなります。

東京23区に住んでいる時と比べ、同じ間取りでも半分程度の家賃になりました。

 

無駄なお金を使わなくなる

車社会だと徒歩に比べ、コンビニや飲食店に寄るのにも駐車というワンアクションが加わるので、明確な目的がない限り立ち寄ることがなくなりました。

結果的に無駄なお金を使うことが少なくなったと実感しています。

ATMでお金を下ろす頻度は確実に下がりました。

車の運転があるので、外でお酒を飲む機会も減りました。

 

地に足がついた生活ができる

周りを見ても、私(30代)と同年代から下の世代でも、東京に比べて結婚して子供がいて家を所有している人の割合が圧倒的に高いです。

ただし、地に足がついた生活の定義は人それぞれ。

私の場合、電車やバスを乗り継いで帰るのに一苦労していた実家が近くなったのは精神的に大きいです。

地方移住とは大きく関係ありませんが、キャリアプランの描きやすい職場環境に変わったことも地に足が着いた生活へ前進した。

 

地方移住のデメリットまとめ

車社会のため、車の維持購入費がかかってくる

メリットでありデメリットでもある車の存在。

車や運転が好きな人にとってはメリットですが、電車やバスなどの公共交通機関に比べると車体の値段・維持費含めた出費は断然、大きくなってきます。

因みに私は車自体は好きですが、所有している車がATのため運転はあまり好きではありません。

運転は少し面倒でもMTが好きなのですが、日本では全く人気がないので、好きなデザインの車を買おうと思ったらATにせざるを得ないのが現状です。

 

仕事が少ない

転職を決めてから地方移住をするのが通常だとは思いますが、もし仕事が合わなかった場合、首都圏に比べると転職先の選択肢は断然狭くなります。

給料に関しても下がるのが通常ですね。

私は専門職のため給料面に関してはあまり変わりませんでしたが、家賃などの出費が減った分を考慮しても車の購入費用と維持費が加わってくるのでトータルの出費としてはトントンくらいだと思います。

 

遊びに行くところが少ない

当然ですが東京に比べると娯楽は激減します。

ただし車を使えば、キャンプなどのアウトドアや釣りといったアクティブな趣味がある人にとっては最高の環境になります。

私の好きな古着屋や服屋を巡るのにも車が必要なのは正直、億劫です。

 

地方移住のメリット・デメリット番外編

上着(アウター)やリュックの使用頻度が減る

車移動がメインになってくるため、良くも悪くもアウターを着る機会は激減。

上着を着たまま運転すると嵩張って邪魔ですし、お店に立ち寄る際にもわざわざ上着を着ようとはなりません。

店内は大体空調が効いているので、アウターの必要性がほぼありません。

 

さらに、車から降りる際に手に取って背負うというアクションが必要なリュックの使用頻度も激減しました。

街歩きしないのであれば、手に取って降りるだけのトートバッグの方が理にかなっています。

私は財布を裸で持ち歩くことは基本的にしないので、コンビニやスーパーなどちょっとした用事であれば、バッグインバッグとしても利用している、ポーターのA4サイズドキュメントケースをクラッチバッグとして使っています。

バッグインバッグとしても優秀で大変便利ですが、値上げによる価格が少しネック。

 

まとめ

現状、車社会の地方での生活は都会暮らしが長かった私にとって、車に関連する事項がメリット・デメリットのウエイトが占めていることを実感しています。

地元が都会の人にとっては見知らぬ地方都市への移住は余程の理由がない限りアドバンテージはあまりないかと思いますが、いずれは実家方面に帰りたいと思っている地方出身者にとっては、地方移住の選択は大いにアリだと思います。

w

2 件のコメント

  • こんにちは!

    地方で生まれ育った私には、なんだか興味深い内容の記事でした。
    普段何気なく生活していますが、たしかに都内で暮らしていた方が地方部で生活を始めるとなると大きな変化がありそうですね。

    地方ではもはや車は一家に一台どころか、一人一台とまでいえる思うので確かに車に関連する事項のメリットデメリットは大きそうですね。
    私は幸いに服も車も大好きなので、楽しく生活できてます。しかし、確かに車移動だとアウターを切る機会が少ない、、、。というか後ろの座席に放り投げておいて、外に出るときに着直す感じでしょうか。

    • コメントありがとうございます!
      引越しや車の購入、運転への慣れなど、この数ヶ月は激動でした笑

      車は場所によっては交通手段として必需品であると同時に服と同様、追求すれば趣味性が強い物なので、どちらも好きな人には地方の生活は充実したものになりますよね!

      アウターはやはりそうなりますか笑
      街歩きしなければ真冬でも上はニットだけでもいけそうですね。

      両方経験した身としては都会の生活も良いですが、私としては故郷で地に足のついた生活が一番だと実感しております。
      お互いにスローライフ・スローファッションを楽しみましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください