音楽×ファッション:シューゲイザーとファッションについて考える




春が到来し、私の職場にも新入社員が入って来ました。

希望に満ち溢れた彼らを見ていると、いかに私がすさんでいるのかを痛感させられますね。

新人教育や組織の歯車としての仕事に追われ、シューゲイズな日々を送っている筆者です。

ということで、今回はシューゲイザー とファッションの関係についてまとめてみました。

SHOEGAZERとファッション

シューゲイザーファッションというジャンルは確率されているとは言い難い印象です。

「マイブラッディヴァレンタイン」の画像検索結果

https://www.spin.com/2016/11/my-bloody-valentine-loveless-feature/

Ride

http://amass.jp/48505/

https://opuszine.us/posts/pitchfork-slowdive-documentary-satisfying-look-shoegazer-history

ムーブメント当時のマイブラ、ライド、スロウダイブなどのファッションを見ても、あくまで普通の若者の普段着という感じ。

スロウダイブはこの写真だと髪型などの雰囲気も含め、一周回って今風なお洒落ですね。

https://i0.wp.com/basement-times.com/wp-content/uploads/2015/09/fed3f694.jpg

強いて言えば、普段着にフェンダーのジャガー、ジャズマスターと言ったギターを抱え、大量のエフェクターやアンプを駆使するそのステージングのスタイルがシューゲイザーファッションと言えるかもしれません。

ドメスティックブランドが提案するシューゲイザー ファッション

一応、ドメスティックブランドからもシューゲイザーをフィーチャーしたコレクションやアイテムが発表されることがあります。

discovered_2018ss_z_001_019.jpg

https://www.fashionsnap.com/collection/discovered/2018ss/

ディスカバードの2018ssコレクションはNEWシューゲイザーがテーマ。

画像のルックはイケてますが、全体的にゴシック・ストリートの要素が強く、私の普段着としては厳しい。

http://anchor-website.com/products/detail3539.html

直球すぎてシューゲイザー好きな人はまず着ないと思いますが、ラッドミュージシャンからもこんなTシャツが出ています。

ロック好きな人がROCKとプリントされてるTシャツ着ないのと同じ理由ですね(笑)。

このTシャツは別として、ラッドミュージシャンのブランドイメージとシューゲイザーの親和性は高いと思うので、いずれコラボ等でマイブラやライドのアートワークを使用したアイテムを出してくれるのを期待したいところです。

ウィザード(wizzard) 2016年春夏(メンズ)コレクション - 写真8

https://www.fashion-press.net/news/19911

ウィザード2016SSは「マイ・ブラッディ・ヴァレンタインの音楽」がテーマ。

ディストーションギターのレイヤードを服で表現していて、ディスカバードのNEWシューゲイザーよりはリアルクローズです。

Undercover Spring/Summer 2014 Collection | THIRD LOOKS

https://sumally.com/p/1231221

厳密にはシューゲイザーではありませんが、アンダーカバーの2014ssコレクションではジーザス&メリーチェインにフィーチャーしています。

c0188708_1584116.jpg

https://obligemen.exblog.jp/21552668/

サイコキャンディのTシャツは買っておけば良かったと後悔しています。

Tシャツのグラフィックなどはオフィシャルアイテムというのがブランド力の強さを物語っていますね。

現在のシューゲイザーバンドのファッション

今、シューゲイザー をやっているバンドだとホラーズ辺りが最もファッショナブルなんじゃないかと思います。

「ホラーズ シューゲイザー」の画像検索結果

http://www.fanpop.com/clubs/the-horrors/images/14568329/title/horrors-photo

ガレージロック×ゴシックなスタイル。

ストロークスのファッションにゴシック・モードな要素をプラスした感じでしょうか。

日本人には若干ハードル高いですが、格好良いです。

ディスカバード2018SSのコレクションのゴシック要素も彼らのスタイルからインスパイアされているのではないでしょうか。

 

以上です。

シューゲイザーは音のインパクトが強く、ファッションについての情報はかなり少ないのが現状ですね。

無理矢理まとめるならば、

結論:シューゲイザーは音そのものがスタイリッシュであり、ファッションなんてどうでも良い

といったところでしょうか。

今後も音楽×ファッションとして、他のジャンルも掘り下げてみようと思います。

 

2 件のコメント

  • こんにちは。
    毎回ファッション好きの私の心をくすぐられる記事ばかりで大変楽しく読ませてもらっています。
    これからも楽しみにしております。

    • ありがとうございます。
      いつも読んでいただき嬉しい限りです。
      とても励みになります。
      不定期ですが今後も意欲的に記事を投稿していきますので、よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください