2018年夏頃に上野のジャラーナにて購入したリーバイス501ブラックデニム。

私が所有しているのはホワイトオーク工場製のコーンデニムを使用したmade in usaの501ブラックデニムです。

どちらも試着した上で購入したのですが、米国企画の定番商品であるブラックマジック501とサイズ感・生地感はかなり近かったです。

現時点での経年変化はほとんど生じていないのですが、今後の比較のためディテール紹介と経年変化を記事にします。

 

リーバイス501ブラックデニムのディテール紹介

購入後まもない頃の写真からディテールを見ていきましょう。

製品洗いとしてワンウォッシュされていますが、自分ではまだ洗濯をしていない状態です。

 

ソリッドなブラックカラーが魅力。

 

 

 

内側にはこれ見よがしにホワイトオークのタグが。

 

パッチは紙ではなくレザーパッチ。

USA企画のレギュラー501やブラックマジックだと紙パッチになります。

 

米国製の501ブラックは現在でも購入できますが、新品だと一般的なサイズを探すのは難しいかもしれません。

 

米国製にこだわりがなければ、物としては殆ど変わらない501ブラックマジックでも十分ですね。

 

1年半経過時の経年変化

今年の4月頃に撮った写真なので、購入から1年半程経過している時点での経年変化になります。

着用回数は月に2回程度。

購入後の洗濯回数は2回です。

 

着用・洗濯回数がまだまだ少ないため、購入時からほぼ変わりなし。

 

少しシワが定着しつつあるかなという程度。

ブラックデニムをバキバキに育てるつもりはないので、洗濯回数を多めにして蜂の巣やヒゲは薄らと見える程度に留めたい。

 

裾のパッカリングは購入時から出ていたので、製品洗いの段階である程度縮みきっていると考えられます。

因みに裾の仕上げはチェーンステッチ。

レギュラー501やブラックマジックだとシングルステッチなので、ここは嬉しいディテール。

 

以上です。

ボトムスの所有数が多くアイテム縛りの着回しをしないため、かなりスローペースになりますが、とても気に入っている一本なので今後も経年変化を記事にしていきたいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください