最近、素晴らしい服との出会いが多く、散財の日々が続いています。

まさに物欲の秋といった所でしょうか。

今回は70’s LEEのジャンプスーツ(オールインワン・つなぎとも言いますね)をデッドストックで購入したので、着下ろす前の備忘録として記事にします。

購入価格は15,800円+TAX。

サイズはM-Sで袖丈・股下共にジャスト。

デザインに惹かれ試着してジャストサイズ、そしてデッドストックかつこのプライスなら買わない訳には行きません。

 

ヴィンテージLEE ジャンプスーツのディテール

では早速、行ってみましょう。

カラーはダークグレー。

 

表地はワーク物によく見られるポリコットンのツイル生地で裏地はキルティングとなっており、保温性に長けています。

現代でも冬はアウターとしてもポテンシャルがあるほどに暖かいので、冬用のオールインワンとして重宝しそうです。

 

安心・安定のメイドインUSA。

 

ブランドロゴの向きなど全く気にすることなく取り付けられたLEEの金ボタンが最高のアクセント。

70年代特有の大きく鋭いカッティングの襟は今の価値観だと違和感がありますが、アウターとして考えた場合、気になりません。

 

おそらく冬用のワークウェアという位置づけだったと考えられますが、裏地が深紅になっており、かなり攻めた仕様となっています。

これも70年代特有のディテールかもしれません。

70年代はヒッピームーブメントが全盛なので、服だけでなく時計などの小物にも過装飾であったりデザイン的に遊び心があるものが多いと思います。

物によりますが、今回のジャンプスーツの様に実用服に取り入れられている過装飾は個人的には大好きですね。

 

胸ポケットには見るからに耐久性の無さそうなタロンジップが。

デザイン的には最高にイケてますが、ハードに使うとリングの部分が速攻で折れそうなので基本的に使わない様にします。

 

 

ジップはダブルジップ仕様。

トイレの事を考えると、これはありがたいディテールですね笑

 

シルエットは一見、テーパードが効いている様に見えますが、すそ幅をスナップボタンで調整できる仕様となっています(ベンチレーション調整のためだと考えられる)。

 

スナップボタンを外すとワーク色の強いワイドストレートに。

 

ローファーや短靴に合わせたいので、基本的に裾幅を絞っての着用になりそう。

 

後ろのシルエットもイケてます。

 

バックポケットにワンポイントでLEEのタグが入る。

 

コーディネートについて

写真がなくイメージがわかないかもしれませんが、コーディネートはタートルネック+フレンチローファーorタイドアップ+短靴であくまでカジュアルアップを意識したいと思います。

 

以上です。

流石に流行ることはないでしょうが(オーバーオールが流行った?と言われているので断言できませんが)個人的に注目しているオールインワンのスタイル。

いずれコーディネートについての考察もしてみたいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください