イギリス軍プリズナーデニムジャケットのディテール紹介




今回はイギリス軍プリズナージャケットをご紹介します。

グリーンデニムの物はネットで検索すると稀に見ることができますが、インディゴデニムのタイプは割と珍しいのではないでしょうか。

プリズナーらしからぬモードなアイテムなのですが、流通量が少なく一般的には認知されていないのが現状。

購入先はユーロヴィンテージを扱う地元のショップにて価格は約2万円。

ユーロ物は掘れば掘るほど良い物が出てくるので、本当に沼だと感じます。

 

イギリス軍プリズナージャケットのディテール

では早速、ディテール紹介を。

 

フロントのダーツはマルジェラのハの字ライダースを彷彿とさせる。

明確なソースはありませんが、元ネタとも言われていますね。

年代は不明ですが、グリーンデニムのタイプは60年代と言われているので、おそらく年代的には近いかと思われます。

 

ブルゾンタイプだが着丈は長め。

 

ネップ感のある柔らかい独特のデニム生地。

 

UKサイズで38ということでしょうか。

日本だとMサイズ相当になります。

 

袖にはボタン等はなくシンプルな作り。

 

メーカーは不明だが雰囲気のあるジップ。

 

イギリス軍プリズナージャケットの着用レビュー

174cmが着用。

 

形はブルゾンだが着丈が長いため、ジャケットとブルゾンと中間のような独特な雰囲気。

 

サイズ感は緩めのジャスト。

今回はファティーグパンツと合わせましたが、白系のデニムやトラウザーズとの相性が特に良いですね。

 

以上です。

テーラードの国だけあって、イギリスのアイテムはユーロ物の中でも特にクオリティ・デザイン性が高いと感じますね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください