ユニクロUに関してはブロガーやファッション系のyoutuberにて既にレビューされ尽くされているかと思いますが、私もいくつか購入したので流行に乗って記事にします。

 

Uniqlo 2019AW 購入商品

ユニクロUに限らず、2019AWのユニクロはかなり力が入っているのではないでしょうか。

EGコラボのフリースも先週の発売から1週間でオンラインでもほぼ完売状態ですし。

実はEGコラボのフリースはルックを見た段階ではかなり気になっていて、買う気で試着したのですがトレンド感ある形が私には全く似合わなかったのでスルー。

 

今回購入したのは3点

Uniqlo U 3Dプレミアムラムモックネックセーター

黒ニットの買い足し。

ホールガーメントという技術で編み上げられているため、ニットの縫い目ありません。

着心地のアドバンテージはよく分かりませんが、見た目はすっきりとしています。

 

サイズ感はMでやや緩めのジャスト。

ニットはタイトもオーバーサイズも気分では無いので、これくらいのサイズ感がちょうど良いです。

モックネックとありますが首元は柔らかく伸縮性があり、着用するとほぼクルーネックになります。

首元の形は2015AW ユニクロアンドルメールのモックネックセーターに近い。

ハイゲージだと綺麗目過ぎ、ローゲージだとインナーとして着用した場合着膨れしてしまうので、ミドルゲージのニットが私は好きです。

これで約4,000円という安さなので、シンプルなニットはユニクロUで十分かもしれません。

 

Uniqlo ソフトタッチタートルネックT

秋冬のインナー用にタートルネックTを購入。

タートルネックの良いところは一枚でも様になるのとインナーとして着用した場合、襟元の汚れを防ぐことができるところですね。

先日購入したオランダ軍のライナーに合わせたい。

こちらもユニクロUのタートルネックTと迷ったのですが、実物を見ると光沢が強過ぎたのともっさりシルエットだったため、通常ラインの物にしました。

サイズMでジャストサイズ。

素材は綿100%で価格は1,000円+TAXと激安。

 

Uniqlo U ストレートジーンズ

本命のストレートジーンズ。

多方面より押されていますね。

インディゴ、ブルー、ダークグレーの三色展開。

中でもダークグレーが一番人気な様です。

個人的にもダークグレーが一番良い色だと思います。

こちらは下記にて詳しくレビューしたいと思います。

 

Uniqlo U 2019AW ストレートジーンズのレビュー

平置きだとストレートなのですが、着用するとフレアに見える独特の形となっています。

私はダークグレーを購入。

174cm57kgでサイズ30インチでルックの様なややゆとりのあるジャストサイズでした。

29インチだとつんつるてん、31インチだとルーズな印象になるのでせっかくの形が綺麗にでなかったですね。

私より細身で身長が高い人はウエストをジャストで合わせるとつんつるてんになるのは避けられないので、意外と難しいアイテムかもしれません。

ブラックデニムが均一にフェードした色合いがクリーンで良いのですが、個人的にはもう少し色が残っていた方が好きではあります。

 

バックポケットもユニクロのデニムにしては大きめ。

 

ジップは燻んだシルバーの真鍮製YKKジップ。

ジップの質感は安っぽさを感じません。

 

形はルックの通り、緩すぎず細すぎずバランスの良いジーンズなのでコーディネートはしやすいです。

この形でダークグレーのデニムは珍しいので重宝しそう。

特に古着との相性は良さそうですね。

ただ問題が一点。

 

Uniqlo U 2019AW ストレートジーンズはウエストオーバーオールズ817fに酷似?

こちら良い商品ではあるのですが、ディテール・シルエット共にウエストオーバーオールズの817fに酷似しています。

センタープレスに腰回りの独特の緩いシルエットや絶妙なレングスなど、817fを所有している者からするとかなり雰囲気が近いと言えます。

同じサイズである30インチだと少しユニクロUのストレートジーンズの方が細くレングスは短いですが、サイドのダブルステッチの巻縫いのディテールもウエストオーバーオールズと同じ。

 

このディテールはウエストオーバーオールズでしか見たことがありません(元ネタは別にあるのでしょうが)。

 

着用時のシルエットを実際に画像で比較してみます。

ストレートジーンズ

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/420662#thumbnailSelect

こちらがユニクロUのストレートジーンズ。

 

WESTOVERALLS * 817F (Flare) * Bio Blue

http://store-public.com/?pid=144674893

そしてこちらがウエストオーバーオールズの817f。

 

比較してみるとやはり似てますね笑

音楽と同様、ファッションに関してもパクリパクられて発展していく側面もあるので、部外者が言及するのはナンセンスかもしれません。

生地感とクオリティは当然、本家の方が上なので今回のユニクロUのストレートジーンズが気に入った方は是非、本物を手にしてみて欲しいです。

 

以上です。

ユニクロUのストレートジーンズは物としては満足できるクオリティなので、ルックを見て気になっている方にはオススメできます(試着推奨)。

最近のユニクロは本当にデザイン性・クオリティが高いですし、トレンドにも以前より断然早く対応してきていると改めて実感しました。

服好きとしてはユニクロだけでも十分お洒落できる時代になったことは嬉しい反面、上記の様なサンプリング問題もあるので服飾文化の発展という面からは手放しには喜べないという部分もあります。

ファストファッションとスローファッション。

ライフスタイルに合わせて上手く使い分けていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください