30代も半ばに差し掛かり、流行色の強いブランド物への興味が徐々に薄れ、最近はミリタリーのデッドストックや良質な古着に目が行くことが多くなりました。

今回は、前回ご紹介したオランダ軍のライナーコートと共に購入したオランダ軍のリバーシブルジャケットが素晴らしかったのでご紹介します。

 

アメリカ軍の近代ミリタリーアウターは価格高騰が激しい

ミリタリーアイテムというとアメリカ軍の物が有名ですよね。

圧倒的な開発力・流通量があるので、アメリカ軍のミリタリーアイテムが頭一つ出ているのは間違いないでしょう。

最近だと某youtuberや某俳優着用の影響も手伝ってかECWCS Level7の人気は高まる一方で、近代ミリタリー物なのに価格は上昇傾向です。

と言っても探せば高くても2~3万円代で買えるので、スペックからすればコスパは悪くないんですが、偽物問題もあるようで、信用できるショップで購入する必要があります。

同じくLevel 7のハッピースーツはECWCSよりもプレミア化してきていますね。

両者共に日本人に需要が高いXS〜Sサイズは枯渇状態なのもネック。

 

オランダ軍 リバーシブルジャケットはコスパ最高

それに対して、オランダ軍のリバーシブルジャケットは流通量は少なくとも圧倒的知名度の低さからか、今ならミリタリーショップでデッドストックで1万円程で手に入ります。

イギリスのスナグパック社が開発したダウンよりも軽くダウンよりも保温力に優れたSOFTYという素材が中綿に使われ、撥水性もあり洗濯も可能というハイスペックなアウターとなっています(商品説明より部分引用)。

この辺りはまさしく米軍で言うLevel 7ですよね。

こちらは2000年代に採用されていた比較的新しいジャケットの様です。

後ほどご紹介しますがディテールは本当に素晴らしいので、デッドストック且つこのスペックでこの安さは破格だと思います。

恐らく今後早い段階で在庫が枯渇して、プレミアが付く程知られることなく目にする機会が無くなるのではないでしょうか。

私はアニ散歩のミリタリア動画を見た後、オランダ軍のライナーコートを検索していた際にこのジャケットを見つけ、勢いで購入しました(笑)

ちなみに私はライナーコートと同じSEABEESにて購入。

 

オランダ軍リバーシブルジャケットのディテール

では早速ディテールを見て行きましょう。

表地はECWCSよりも暗めのグレーのツートーンカラー。

比翼ジップなのでミニマルな印象ですね。

裾幅はドローコードで調節でき下からの風の侵入を防ぐことができます。

袖口は伸縮性があり、程よく手首にフィットする様になっています。

ベルクロの様に頻回に袖口の調整をする必要がないのは楽です。

 

着丈は長すぎず短すぎずと言った絶妙なバランス。

 

ジップの内外ともにベルクロが搭載されており、風の侵入が気にならない場合はジップを閉めなくてもベルクロでフロントの開閉が可能。

 

ハリのあるナイロン生地。

ハッピースーツは実物を手に取ったことがないので比較できませんが、以前デッドストックの実物を手に取ったことがあるECWCSよりハリ・艶のあるナイロン生地です。

 

裏地はハッピースーツよりもオレンジがかったコヨーテ。

デザイン的に表地との違いはダウンジャケットのシームが全面に出ている点でしょうか。

表面はシームレス、裏面はシームありのリバーシブルダウンジャケットなんてかなり珍しいんじゃないでしょうか。

裏面もぬかりなく比翼ジップなのはリバーシブルジャケットとしての実用性への強いこだわりを感じます。

 

こちらはグレーや白のパーカーと合わせてアメカジっぽく着用したい。

 

ボリュームのあるアウターなのに、なんとパッカブル仕様。小さな収納袋が付属してきます。

 

デザインの特徴

デザイン的にはLevel 7のECWCSとハッピースーツを足して2で割って+αした様な感じでしょうか。

しかもどちらの色も実用的なので一枚で2度美味しいのも魅力。

カラーは表地がグレーで裏地がコヨーテなので、表地はECWCS、裏地はハッピースーツ的な着こなしも可能。

縫製も綺麗ですし、正直3〜5万円代で販売されていてもおかしくないクオリティだと思います。

 

オランダ軍リバーシブルジャケットの着用レビュー

前回のライナーコートもそうですが、最大の問題は流通量が少ないため取り扱い店舗が限られてしまい試着できない人が多いのでは無いかと思います。

私も近所に取り扱い店舗がないため、試着せずに購入。

タイトに着るイメージではなかったので当初Mサイズを購入したのですが、肩幅・着丈が合わずSサイズを購入し直しました。

グレーは下半身はブラックでまとめてミニマルに行きたい。

174cm57kgでSサイズを着用。

ややゆとりのあるジャストサイズです。

Mサイズだと着丈がお尻が隠れるくらい長くなってしまうのと、肩幅が合わずダウンのボリューム感が出すぎてしまうのでNGでした。

軍物にしては大きめの作りではありませんがオーバーサイズで着用して見栄えが良い物では無いので、試着又は実寸を確認し体型にあったジャストサイズの選択を推奨します。

 

コヨーテは色落ちしたデニムにも合いそうなので、コーディネートのバリエーションは意外とこっちの方があるかもしれません。

 

インスタグラムだとセレクトショップか古着屋さんのコーディネートしか見つかりませんでした。

コヨーテカラーはグレーのボトムスにも合いますね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

オランダ軍のリバーシブルジャケットのご紹介✨表地は撥水性に優れたナイロン素材を使用してい中綿には軽量で保温性が高く、水濡れにも強いSOFTY(ソフティー)を採用しているためミリタリーらしい実用性を兼ね備えた1着。サイズ感もすっきりとしたシルエットでスマートに合わせていただけます👍リバーシブルにもなっているためお好みで変えて着てみるのも◎ ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ #dedstock #デッドストック #オランダ軍 #リバーシブルジャケット #zabou #ザボウ #zaboutokyo #渋谷 #神南 #セレクトショップ

zaboutokyoさん(@zaboutokyo)がシェアした投稿 –

ZABOUは大阪と東京に店舗を持つ良質なセレクトショップです。

 

以上です。

在庫が潤沢な今が買い時なオランダ軍のリバーシブルジャケット。

おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください